市長・院長あいさつ

ご挨拶

東松山市長 森田 光一

 市民病院では、健全な経営の下、常に質の高い医療を提供することで、市民の皆様から信頼される病院を目指し、平成24年度から3年間にわたり、改革プランに基づく取り組みを進めてきました。
 病院にとって一番大切な財産は、言うまでもなく医師をはじめとする医療スタッフの存在です。この3年間、私自身が関連の大学病院を毎月訪問し、医師の確保に努めた結果、一時12名まで減った常勤医師は17名を数えるまでになりました。
 同時に、MRIなど最新の医療機器のほか、電子カルテの導入も前倒しで進めるなど、診療のための設備や環境の整備にも力を入れてきました。
 そして、診療体制が徐々に充実する中で、病院職員が一丸となって改革に取り組んだ結果、救急搬送患者の受入件数や手術件数が大きく伸び、収益の改善を図ることができました。
 平成26年度は、消費税の増税など病院の経営にとっては厳しい年となりましたが、引き続き健全な経営を維持しながら、平成26年9月には救急指定病院の告示を取り直し、部分的ではありますが救急医療の再開に漕ぎ着けることができました。
 現在、市民病院では老朽化した本館の改築工事を進めています。工事期間中は騒音や振動のほか、待合室や駐車場などでご不便をおかけいたしますが、超高齢社会を迎えた地域の医療を支えていく上で重要な事業となりますので、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
今後も私は、市民病院の最高責任者として、市民の皆様のご要望やご期待をしっかりと受け止め、将来にわたって健康で安心のある市民生活を実現していくために役割と責任を果たしていけるよう、市民病院のいっそうの充実を図ります。

東松山市長 森田光一

院長 森野正明

 埼玉医科大学国際医療センターからまいりました「森野正明(もりのまさあき)」と申します。
 この度、長年にわたり市民病院の充実発展にご尽力された鈴木裕太郎前院長の後任を拝命することとなり、まさに身の引き締まる思いです。
 これまでは、小児科医として診療や後進の指導に当たってまいりましたので、病院運営の責任者である院長の役割は、はじめての経験です。
 そして今年度は本館の改築工事もはじまりますので、私自身そして市民病院にとりましても、新たなスタートの年になります。
 病院を取り巻く環境には依然として厳しいものがありますが、今後は市民の皆様のご理解とご支援をいただきながら、職員の先頭に立って地域から信頼される病院づくりに努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

東松山市立市民病院 院長 森野正明

簡単ガイド

【診療受付時間】
午前 8:30~11:00
※皮膚科のみ10:30まで
午後 13:30~15:30

※診療科により多少異なります。
(詳しくはこちらをごらんください。)

【土曜日の診療について】

・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科・小児科を除き午前中も診療しています。

※外科・泌尿器科は毎月第2・4週のみ診療しています。

※整形外科の第4週は予約のみの診療となります。

【休診日】

日曜日、国民の祝日、年末年始

〒355-0005
東松山市大字松山2392番地
TEL:0493-24-6111
FAX:0493-22-0887

ご利用いただけるカード VISA MasterCard JCB
FaceBookロゴ
ページの先頭へ